記事のリンクには広告が含まれている場合があり、ECサイト等から送客手数料を受領しています。

【まとめ】飛行機にヘアアイロンは持ち込み可能?ルールや注意点を解説 国内線 国際線

【まとめ】飛行機にヘアアイロンは持ち込み可能?ルールや注意点を解説 国内線 国際線飛行機

旅行や出張で飛行機を使用するときに、注意しなければいけない持ち物検査。

ヘアアイロンを持っていきたいけど、機内への持ち込みは可能なのか、また、荷物検査に引っかからないかと不安に思う人もいることでしょう。

この記事では飛行機の持ち込みルールをもとに、ヘアアイロンの持ち込みが可能か、また持ち込む際の注意点について説明します。

ヘアアイロンは持ち込み可能

結論として、ヘアアイロンの持ち込みは可能です。

旅行や出張でお気に入りのヘアアイロンを持っていくことができます。

ただし、ヘアアイロンの種類によっては、持ち運べない場合があります。

自分が持ち込みたいヘアアイロンがどの種類やタイプに当てはまるのか、空港で没収や廃棄にならないように、荷造りをする前に十分に確認をしましょう。

種類ごとの持ち込み時のルール

ヘアアイロンは種類によって、また、国内線と国際線によっても、持ち込み時のルールが異なります

細かく詳細を見ていきましょう。

国内線国際線
コンセント式
ガス式
1人1個まで

1人1個まで
充電・乾電池式
*条件あり

*条件あり

国内線の場合

国内線については、以下の通りです。

  1. コンセント式の場合【国内線】
  2. ガス式の場合【国内線】
  3. 充電・乾電池式の場合【国内線】

コンセント式の場合【国内線】

コンセント式のヘアアイロンは、機内持ち込みと預け入れが可能です。

また、個数の制限もありません

普段からコードが付いているコンセント式のヘアアイロンを使用している人は、飛行機へ持ち運んでも問題ありません。

ガス式の場合【国内線】

ガス式のヘアアイロンは、機内持ち込みと預け入れが可能です。

しかし、1人1個までという個数の制限と、熱源部に対して必ず安全カバーを取り付ける必要があります。

また、詰替え用のガス容器は機内持ち込みと預け入れができません。

事前にガスの量を確認し、予備が必要のない状態にしておきましょう。

充電・乾電池式の場合【国内線】

充電式・乾電池式のヘアアイロンは、基本的にそのまま飛行機に持ち込むことはできません

充電式や乾電池式は強い衝撃により発火や爆発をする恐れがあるので、飛行機への持ち込み規定として禁止されているため。

しかし、内蔵バッテリーや電池を取り出した場合は、発火や爆発の恐れが無くなるため、預け入れや機内へ持ち込むことが可能です。

この場合、取り出したバッテリーや電池の預け入れはできず、機内へ持ち込むことが義務となっております。

事前にバッテリーが外せるタイプなのか、充電式や乾電池式を持ち運ぶ際には、確認をしておきましょう。

国際線の場合

国際線については、以下の通りです。

  1. コンセント式の場合【国際線】
  2. ガス式の場合【国際線】
  3. 充電・乾電池式の場合【国際線】

コンセント式の場合【国際線】

国内線と同様に、コンセント式のヘアアイロンは、機内持ち込みと預け入れが可能です。

また、個数の制限もありません

しかし、海外では、電圧やプラグの形が違う場合があります。

ヘアアイロンの持ち込みは可能でも、電圧の違いにより故障してしまったり、コンセントを差すことができず使用できなかったりする可能性もあるので、事前に調べておきましょう。

ガス式の場合【国際線】

国内線と同様、ガス式のヘアアイロンは、機内持ち込みと預け入れが可能です。

基本的に以下のルールは国内線と同じですが、

  • 1人1個まで
  • 安全カバーを取り付ける
  • 詰替え用のガス容器は機内持ち込み不可

機内へガス式のヘアアイロンを持ち込みたい場合は、合わせて液体物の持ち込みルールを守る必要があります。

液体物の持ち込みルールでは、

  • 100ml以下の容器
  • ジッパー付きの透明なプラスチック製の袋にいれる
  • 袋は容量が1L以下
  • 袋は1人1枚

という規定が決められております。

ガス式のヘアアイロンを機内へ持ち込む際は、上記のルールも守るように準備をしましょう。

充電・乾電池式の場合【国際線】

国内線の規定と同様で、電池や内蔵バッテリーを外すことができる場合のみ、持ち込みが可能となります。

事前にバッテリーが外せるタイプなのか、充電式や乾電池式を持ち運ぶ際には、確認をおこないましょう。

航空会社によっても規定の違いがある

基本的に上記に記載されたルールとなりますが、航空会社や空港によっては、細かいルールが別で決められていることもあります。

不安な方は事前に確認すると良いでしょう。

また、コンセント式のヘアアイロンは国内線、国際線ともに不安なく持ち込むことができるので、持っていない場合は、旅行用で1つ購入しておいても良いかもしれません。

まとめ

飛行機へのヘアアイロンの持ち込み規定や注意点をまとめてみました。

国内線国際線
コンセント式
ガス式
1人1個まで

1人1個まで
充電・乾電池式
*条件あり

*条件あり
  • コンセント式ヘアアイロンは国内線、国際線ともに持ち込むことができる
  • ガス式は1個まで持ち込みできる。国際線のみ、液体物のルールを参考にする
  • 充電式、電池式はバッテリーや電池を外すことができれば国内線・国際線ともに持ち込むことができる

上記のように、ヘアアイロンの規定は細かく決まっています。

飛行機に持ち込む際には、事前に持っているヘアアイロンがどの種類に当てはまるのか確認しておきましょう。

この記事の監修した人

⼩松 絵⾥

元外資系航空会社CA/現役専⾨学校エアライン科講師
⼤学卒業後、中国の航空会社に内定。中国広州市ベースの客室乗務員として乗務。帰国後、中国での経験を活かしエバー航空の客室乗務員として⼊社。10カ国21都市への乗務経験あり。在籍中に、社内で⾏われるExcellent Service Awardに2年連続受賞。現在は、専⾨学校のエアライン科の⾮常勤講師をしながら、個⼈でエアライン業界を⽬指している⽅向けのオンライン講座を開講中。